アズビルトレーディング株式会社

トラップキー・インターロック(Fortress Interlocks)

英国 Fortress Interlocks(フォートレス・インターロックス)社のトラップキー・インターロックmGardおよびヘビーデューティー・モジュール式安全ドアスイッチamGardを取扱開始!

azbilグループの技術専門商社であるアズビルトレーディングは、安全関連機器のラインナップを充実させるため新たに英国・フォートレス社より輸入し2010年11月より国内販売を開始しました。また、2015年7月より新製品のtGardの販売を開始しました。

機械の安全を確保する革新的なプラットフォーム「tGard」

英国フォートレス・インターロックス社のtGardは、危険が伴う機械設備へ安全に出入りできるよう確保する最先端の革新的なシステムです。コンパクトな金属製の本体に電動式セーフティゲートスイッチ(ガードロック機構の有無を問わず)、機械式トラップキー・インターロック(trapped key interlock)、オペレータ制御機構など、様々な安全装置を組み合わせることが可能です。各種安全装置を、単独で使用することも、1つの装置として統合して使用することもできます。

セレクタスイッチ、セーフティスイッチ(ソレノイド式、非ソレノイド式)、パーソナルキー、緊急解除機構、プッシュボタン、緊急停止装置、インジケータランプ、ヒンジ付きおよびスライド式防護扉用の選択可能な操作ハンドル等、tGardには広範囲に渡るモジュールがあります。これらを組み合わせて、お客様のニーズに合わせたカスタムメードのセーフティ・ソリューションを標準としてご利用いただけます。堅牢なハウジングは、機械の防護装置に取り付けるのに最適な設計です。必要なモジュールをお選びいただき、これをハウジングに組み込むだけで、お客様が希望する用途に最適な設定が可能です。

迅速かつ簡単に取り付けが可能なtGardは、平らな表面、ドアまたは押出しアルミニウム製筐体に直接取り付けることができ、取り付け用板やブラケットは必要がありません。標準ではIP65の保護等級が確保され、最新の機械の安全規格に適合する設計となっています。

「tGard」紹介動画

「tGard」の紹介動画をご覧いただけます。

カスタムメードのセーフティ・ソリューションが標準

  • 堅牢
  • カスタマイズ可能
  • 将来モジュールを拡張する場合を想定した構成
  • 取り付けが簡単
  • クイックディスコネクトが標準
  • 規格に適合
  • 巻き上げケーブルが標準
  • セーフティゲートスイッチ
  • トラップキー・インターロック
  • オペレータ制御

メカニカルキー・インターロック「mGard」の概要

英国フォートレス・インターロックス社のトラップキー式インターロックスイッチ「mGard シリーズ」は、予め定義された操作シーケンスが必要な安全アプリケーションで電力遮断、キー交換、およびインターロック用に設計されたメカニカル式のインターロックです。危険な機械を点検する際に作業者の安全を確保し、万が一の事故を未然に防止するための安全スイッチです。

  • 堅牢なステンレス製インターロック
  • 豊富な各種キー交換やアイソレータでアプリケーションに対応
  • ドアを開ける前に電源遮断を確実に実行させるため、複雑な安全回路が不要
  • ドアのインターロックは、メカ式なので電気配線は不要
  • 鉄鋼、プラント、重工業などの電気配線の設置が困難な環境下に適します

「mGard」のアプリケーション例(惰性動作なしの安全防護)

  1. 電源レバーをOFFにし、ドア内に有る機械を停止させる
  2. ボルトインターロックキーを回して抜き
  3. キー交換ユニットに挿して回す
  4. キー交換ユニットから抜いた2本のキーを2箇所のドアロックに挿して回す
  5. 各々のドアでは、セカンドキーを抜いてドアを開け、作業者がそのキーを持って内部に侵入し作業を行う

安全のポイント

ボルトインターロックから外したキーは、キー交換ユニットに固定されるので、他の作業者がドア内の機械を起動させることができない。また作業終了後確実に2箇所のドアを閉め、逆の手順でキー交換ユニットを介してボルトインターロックのキーを戻さない限り、ドア内の機械を起動させることはできない

「mGard」のアプリケーション例(惰性動作有りの安全防護)

  1. ソレノイドコントロールスイッチのキーを回して抜き、安全柵内のロボットを停止させる
  2. ドアロックに挿して回しセカンドキーを抜いてドアを開ける
  3. 作業者はセカンドキーを持って、危険エリアに侵入しキースイッチに挿して回すことにより、ロボットのティーチングモードを起動させることができる

安全のポイント

ソレノイドコントロールスイッチから外したキーは、ドアロックに固定され、ドアロックから外したキーは安全柵内のキースイッチに固定されているため、危険エリア内で作業中に他の作業者がロボットを起動させることができない。また逆の手順でソレノイドコントロールスイッチにキーを戻さない限り安全柵内のロボットを起動させることができない

ヘビーデューティー・モジュール式安全ドアスイッチ「amGard」「amGard-pro」の特長

amGard はヘビーデューティアプリケーション向けの究極レンジのモジュール式安全ドアスイッチです。そのモジュール式構造により構成が簡単に可能です。amGardはSIL3( EN/IEC 62061)、カテゴリー4 および PLe( EN/ISO 13849-1) までのいかなる安全防護アプリケーションに対してもトータルな電気機械式ソリューションを提供します。
そのユニークな設計コンセプトにより、amGard は危険な動作条件での強度および信頼性を目指して設計された完全統合安全スイッチ制御閉止システムまたはロックシステム、もしくはその両方を提供しています。
amGard システムは安全防護システム内に標準的に使用されているすべての対応策に置き換えが可能です。アクチュエーター/ オペレーター、キャッチ、内部解除機能、トラップキー機能およびデッドロックなどのそれぞれの追加設置は不要です。これらの個別機能はすべて amGard 構成に組み込まれているか、簡単に組み込むことができます。

「amGard」のアプリケーション例1

この例は、amGard 製品がメカニカルおよび電気式の結合ソリューションを提供するロボット区域の安全防護を示しています。

  1. CPS2LOK024024B CLINアクセス要求ボタンを押すことにより、機械または設備は機械制御システムにより停止されます。
    機械制御システムにより制御されるソレノイドは、防護区域または機械に安全に入場できるまで( 黄色のステータスLED により表示)、キーA の解除を規制します。
    ソレノイドの通電は二重安全回路を遮断して予期しない再起動を防止します。ここで、赤色ステータスLED の表示により両方の安全キーAを解除できます。
  2. AM & SBNS1A1FOOTCLINキーAを使用して、ドアロックをロック解除し、安全キーBを解除することができます。人員のトラップまたは不注意による機械再起動を防止するため、作業者は安全キーB を持って防護区域内に入ります。

この強制手順を逆にたどることにより、機械は安全に再起動できます。

「amGard」のアプリケーション例2

この例は、ティーチモード機能を内蔵した危険の可能性のある区域の安全防護を示しています。

  1. SBNLOK024024K CLINドアにあるいずれかのポッドからキーを取り外すと、惰性動作終了時での機械停止が選 択されます。その後、機械制御システムによりソレノイドへ通電され、アクセスが可能となります。
    オペレーターは、再起動防止のため安全キーを危険の可能性のある区域へ持ち込むことができます。
  2. PODK CLINいずれかのキーを安全防護区域内のスタンドアロンポッドへ挿入することにより、安全なプログラミングを開始できます。
  3. SBILOK024024IRK CLIN万一人員がトラップされた場合、LOK 内部解除オプションを使用して、安全防護区域 内からドアをロック解除することができます。ユニット後部のボタンを押すことにより、タングはアクチュエーターヘッドから解除され、ドアを内部から開くことができます。これで両方の安全回路が遮断されるので、機械再起動前に手動リセットする必要があります。

関連商品 ロックアウト/タグアウト

お問い合わせ先

本社 事業企画部

  • TEL:03-5961-2153
お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ

アズビルトレーディング株式会社