アズビルトレーディング株式会社

感圧スイッチのラインナップ

感圧スイッチの概要

azbilグループの技術専門商社であるアズビルトレーディングは、新たに 感圧スイッチ事業(ケーブルスイッチやマットスイッチなど)の製品群を2009年11月より販売開始しました。
感圧スイッチは主に導電性ゴムを素材とし、圧力を加えることにより働くスイッチ(タッチセンサ)です。製品群には、線状のケーブルスイッチ、コードスイッチや帯状のベルトスイッチ、バンパースイッチ、面状のマットスイッチ、点状の小型ゴムスイッチがあります。用途は、ドアの挟まれ検知、接触時の非常停止、危険エリアへの侵入検知など生活からFA工場まで幅広いシーンで活躍します。

マットスイッチの特長

FAの普及にともない、産業用ロボットやNC工作機械等が多数配置されている工場構内では、同時に人間にとって危険なエリアも増大しています。したがって、これらの危険なエリアに踏み込んだ場合、即時にロボットを停止させたり、起動スイッチが入らないようにする安全対策が必要になっています。
安全用マットスイッチは、FA安全のために開発されたもので、信頼性および耐久性にすぐれています。また、本質化安全へ対応するため、万一断線事故等が生じた場合も、断線を検知する回路も標準化しています。

安全コントローラSC-U1D1の特長

感圧スイッチ(ベルトスイッチ・ケーブルスイッチ・コードスイッチ・マットスイッチ・バンパースイッチ)と組み合わせて安全出力を行うコントローラーです。

  • 感圧スイッチの状態を常に監視することで、安全用途での感圧スイッチの使用を可能とします。
  • 補助出力と断線警報出力を持ち、遠隔での状態確認も行えます。
  • 状態表示LEDで現場での状態確認も容易です。
  • 終端抵抗方式なので感知部の長いスイッチに対しても2線(抵抗内蔵式)により配線が簡単です。
  • GS-M01/TC101との組み合わせで、EN1760-2のCE型式認証を取得。

ケーブルスイッチの特長

ケーブルスイッチは、スイッチ素子に導電ゴムと導電ワイヤーを組み合わせ、圧力を加えることで、電気抵抗がMΩ単位から、Ω単位まで急変するA接点のスイッチです。単なる導電ゴムスイッチと異なり、導電ワイヤーを内蔵しており、長手方向への抵抗値の増大が少なく、フェイルセーフ機能を持たせることができます。また、独自の内部構造により、感度・耐久性・柔軟性に優れた信頼性の高い線状感圧センサの実現を可能としました。

全方向ケーブルスイッチの特長

全方向ケーブルスイッチは、導電シリコンゴム電極と導電ワイヤーを一体押し出し成形した、全周囲方向から検知できるフレキシブルな長尺ゴムスイッチです。 周囲から圧力を加えると、瞬時に抵抗値がMΩ単位から200Ω以下まで急変しますが、導電ワイヤーを内蔵しているため、長手方向への抵抗値変化が無く自己診断機能付のフェイルセーフ設計も可能なA接点型のゴムスイッチです。
全方向検知のため任意に長尺での設置・内蔵が可能となり、独自のオール弾性体構造により、感度・柔軟性・信頼性にも優れているため、防犯/FA/HA安全分野等で幅広く活躍いただけます。

L型ケーブルスイッチの特長

L型ケーブルスイッチは、導電シリコンゴムと導電ワイヤーを、独自のL型形状で一体押出し成型した、全方向検知可能の電極体を丈夫なカバーゴムに内蔵した長尺ゴムスイッチです。
周囲から圧力を加えると、瞬時に抵抗値が10MΩから100Ω以下まで急変します。また、導電ワイヤーを内蔵しているため全長において抵抗の変化がほとんど無いので、自己診断機能付のフェイルセーフ設計も可能なA接点型のオールゴムスイッチです。
独自のオール弾性体構造により、全方向感度、耐衝撃性、防水性にも優れているため、「自動/無人搬送車の非常停止」や「可動ドア部の挟まれ検知」、「防犯・HA」等の各種安全対策分野で幅広く活用頂けます。

【新製品】セーフティエッジスイッチの特長

アズビルトレーディングは、お客さまの安心、安全を提供する安全関連事業の強化の一環として、機械による人の挟まれを防止するセーフティエッジシリーズに、新たに欧州安全規格に適合したセーフティエッジGS-M01とセーフティコントローラSC-U1D1を開発、2012年10月より販売を開始しました。
セーフティエッジは、作業現場における労働災害でもっとも多い挟まれ事故に対し、人と機械が接触する可能性のある扉やテーブルなどの可動部に取付け、挟まれる前に人が接触したことを感圧センサが検知し、セーフティコントローラが機械設備を停止させます。例えば、作業者の腕などが工作機械の自動扉に挟まれないようにセーフティエッジを取付けることにより、作業者が安心して作業をすることができます。
国内を含め世界的に機械安全・作業安全に対するニーズが高まっている中で、セーフティエッジも安全規格の取得が求められています。これまでは、形式認証が必要な欧州の安全規格の要求から海外製品が多く使用されていました。このたび当社は、日本企業で初めて欧州安全規格EN1760-2型式に適合したセーフティエッジを開発、製品化しました。これにより、欧州への輸出に対応することはもちろんのこと、国内外のお客さまのニーズや現場に合わせた多種多様な形状に対応でき、かつ安定的な供給を実現します。

セーフティエッジスイッチの概要へ

ベルトスイッチの特長

ベルトスイッチはアルペット(ALPET)電極フィルムを独自の方法でソフトな外皮に封入した、薄型の帯状タッチセンサです。
このアルペット電極は、接点耐触性に優れ、安定した電気特性を持続するため信頼性が高く、軽いソフトタッチでスイッチONできます。
また、取付方法も簡単で、コーナー部にそのまま装着できます。(曲面対応タイプ)

  • BSタイプ・SSタイプ:平面、曲面両用
  • SBタイプ:平面専用

セフティバンパー(バンパースイッチ)の特長

FAの進展にともない、産業用ロボットとあわせて無人搬送車も数多く一般産業界へ普及しています。このことは同時に無人搬送車に対しても産業用ロボット同様に、安全性について充分な配慮が必要となってきていることを意味します。
セフティバンパーは、無人搬送車の安全対策を目的として、開発された非常停止用ソフトバンパーです。

小型ゴムスイッチの特長

小型ゴムスイッチM型は、PCR(加圧導電性ゴム)をスイッチ素子とし、全体を高弾性ゴムで被覆した密封型感圧ゴムスイッチです。防水・防塵構造で、使用温度範囲も広いため、耐環境性に優れたボタンスイッチとして屋外使用も可能です。とりわけ、PCRと高弾性ゴム被覆との組み合わせによるダンパー効果のため、衝撃に対して極めてこわれにくいスイッチ体となっています。形状もコンパクトであり、従来の防水マイクロ、リミットスイッチの代替として各種機器への組み込み用や車輛用等の一般産業用途から、FA・HA用途まで、幅広く活用頂けます。

お問い合わせ先

本社 商品開発部

  • TEL:03-5961-2153
お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ

アズビルトレーディング株式会社