アズビルトレーディング株式会社

TURCK社のIO-Link対応製品

TURCK社のIO-Link対応製品(IO-Linkマスタ、IO-Linkデバイス)

TURCKは革新的な製品開発に注力し、IO-Link対応近接センサuprox3シリーズや非接触式ロータリーエンコーダQR24シリーズ、PROFIsafeとIO-Linkマスタ機能を搭載したブロック型ハイブリッド リモートIO TBPNなどをリリース。より効率的なシステム構築とトータルコストダウンを提案いたします。

タークのIO-Linkソリューション

IO-Linkは、IO-Linkデバイス(センサやアクチュエータ)とIO-Linkマスタ(PLC側I/OカードまたはリモートI/O)の1対1シリアル通信(ポイントツーポイント)を規定した通信規格です。IO-Linkデバイスは入出力信号だけでなく、診断情報やパラメータなどの情報をコントローラ側と通信可能。
IO-Linkの通信距離は20m。配線はセンサなどで使用される非シールド3線または4線ケーブルが使用可能です。IO-LinkマスタとIO-Linkデバイス間の通信速度は4.8kbps、38.4kbps、230.4kbpsの3タイプ。プロセスデータのデジタル化と付加価値情報の活用で、フィールドシステムの効率化をサポート。

IO-Linkのシステム構成 ※クリックで拡大

タークのIO-Linkソリューション説明動画

IO-Linkのメリット

●シームレスなリモートアクセス
PLCのプログラミングソフトウェアやネットワークコンフィギュレーションソフトウェアまたはFDTフレームアプリケーションなどからIOLinkマスタに接続されているIO-Linkデバイスへ直接アクセスしプロセスデータの確認やパラメータの変更などが可能。

●効率的なメンテナンス性
パラメータをセットしたIO-Linkデバイスをメンテナンス交換する場合、IO-LinkマスタまたはPLC側から新しいIO-Linkデバイスへパラメータ情報を自動的にダウンロードすることが可能。パラメータ設定にかかる作業時間の短縮をサポート。

●機器のコストダウン
アナログ入出力機器や多点デジタル機器をIO-Linkデバイスへ置き換えられる場合、コントローラ側の入出力カードをIO-Linkマスタへ集約することで機器にかかるコストと在庫点数の削減が可能。
また配線を汎用ケーブルへ置き換えることで配線コストも削減。

このページの先頭へ

アズビルトレーディング株式会社