アズビルトレーディング株式会社

コークス炉周辺の安全対策機器

お客様の課題は?

  • 「教育」による安全対策では作業者の「ミス」が完全にはなくならない。
  • 過酷な環境である為、安全機器がすぐ壊れる。生産性が低下するのは避けたい。
  • 安全対策はコストがかかるので現場に最適な方策をとりたい。
  • 設備が巨大なため現場への配線作業が大変。

『しくみ』を用いたトラップキーシステムなら!

  • キーは条件付けされた施錠と開錠により、安全なときだけ危険エリアへの侵入を許可します。
    (作業者の" ミス" による危険発生を予防する事が可能。)
  • Fortress 製品は" 堅牢" であり、国内外での鉄鋼会社で多数実績があり、長期間ご使用頂けます。
  • 古い設備への安全対策など現場への電気配線が不要なため、低コストでの安全対策が可能!

鉄鋼現場の現状は!

事故

押出機・装炭車・ガイド車等設備が"巨大" なため、運転者からメンテナンス者を認識できない。また、事故が発生すると重傷化するケースが多い。

意識

十分な安全教育とKY活動をしているので安全対策は十分と考えている現場が多い

法令

  • 労働安全衛生法28条の2:ユーザに対して、リスクアセスメントの実施、リスク低減方策を含む努力義務化を要求
  • 労働安全衛生規則第24条の13:メーカに対し残留リスク情報の提示を要求

安全のポイント


  • 作業者は危険源のキー操作により停止+「安全札」掛けを行う。危険源の停止を条件にキーが抜けます。
  • 危険エリアにアクセスする扉を開くためには上記で抜いたキーを挿入し回すことにより可能になります。( 危険源が稼動している場合、侵入できません)
  • 作業者がキーを持って危険エリアへアクセスすることで「自分の身を自分で守る」ことが可能です。

コークス炉周辺の工程に合わせた各種安全機器をご提案します!
※クリックで拡大表示

商品の詳細

このページで取り上げた商品の詳細情報は下記のリンクからご確認ください。

このページの先頭へ

アズビルトレーディング株式会社