トップメッセージ

計測と制御の専門技術商社として、付加価値の高い工場向けソリューションを提供するとともに、質の高いCSR経営を行い、社会から信頼される企業を目指します


代表取締役社長  奥村 賢二

2013年4月1日にアズビルロイヤルコントロールズ株式会社とアズビル商事株式会社が合併し、「アズビルトレーディング株式会社」として新しくスタートし7年が過ぎました。

私たちは、2021年に創業115周年を迎えるazbilグループの中核をなす計測と制御技術の専門商社として、グループ理念「人を中心としたオートメーション」を通じて人々の「安心」、「快適」、「達成感」の実現を目指してまいりました。「コンポーネント・プロダクト」、「ソリューション・サービス」、「マシンソリューション」、「コミュニティサービス」の4事業を中心にazbil製品をはじめとする国内外の付加価値の高い商品と自社のエンジニアリングサービスを提供することにより、お客様の価値創造に取り組んでいます。

2020年から新中期経営計画がスタートいたしました。生産現場の安全、効率化、環境改善など多様化するお客様の課題を解決すべく、国内外のパートナーと共にIoTやAI の新技術を融合させた付加価値の高いソリューションを創造し、お客様とともに成長してまいります。また、新型コロナウイルス対応に触発された新しい働き方に必要なオートメーション領域を成長の機会と捉え、事業創造と拡大を推進してまいります。

アズビルトレーディングは、「人を中心としたオートメーション」のグループ理念のもと、これに通じるSDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)を新たな道標として、持続的な社会の発展に貢献できる企業を目指し、社会的責任(CSR)を全うしながら成長してまいります。