アズビルの燃焼安全機器

燃焼安全機器 補助製品 アズビル製ダイナミックセルフチェックバーナコントローラ更新専用ベースユニット (形:AUR455-BU)

アズビル製ダイナミックセルフチェックバーナコントローラ旧製品(形:AUR450C)から現行品
(形:AUR455)への更新専用ベースユニット

アズビル製ダイナミックセルフチェックバーナコントローラを旧製品(形:AUR450C)から現行品(形:AUR455)へ更新すると新しい機能が使えます

  • メンテナンスやトラブルの対処に役立つ通信機能、イベント出力
  • 内部に各種データを記録(各シーケンスのフレーム電圧、着火遅れ時間、燃焼回数、燃焼時間など)
  • 警報発生時の約10 秒間の状態を記録するプレイバック機能
  • 警報履歴(過去16 件の警報発生シーケンスと内容を記録)
  • 燃焼時間25,000 時間でUV センサ交換目安のイベント出力

※ダイナミックセルフチェックバーナコントローラ形:AUR450C は 2022 年 10 月に販売を終了する予定です。

アズビル製ダイナミックセルフチェックバーナコントローラ更新専用ベースユニット(形:AUR455-BU)の特長

旧製品(形:AUR450C)設置時の周辺回路をそのまま使用でき取付ピッチが同じであるため、容易に置き換えが可能です

更新専用ベースユニット(形:AUR455-BU)を使用しないで同様の更新をする場合は、外部にリレー回路を増設する必要があります。

カタログ・取扱説明書

アズビル製ダイナミックセルフチェックバーナコントローラ(形:AUR455)の詳細はこちらからご確認ください

リンク先:アズビル株式会社アドバンスオートメーションカンパニー運営 アズビル製品情報サイトCompoClub

燃焼安全機器 補助装置 FRS100用ベースユニット FRS-BU

マルチバーナ フレームモジュール バッチ運転専用ベースユニット

アズビルトレーディングは、アズビル(旧:山武)が2000年12月に販売中止したバッチ運転専用のWN200/210の置き換え用ベースユニットを販売しています。

特長

WN200/210をバッチ運転でご使用のお客様においては代替品はFRS100シリーズとなりますが、回路検討、配線変更が伴うため、FRS100用ベースユニットはWN200/210と 同じ端子配列を実現しております。

  • WN200/210と同じ回路構成ですので、現状の配線を利用できます。
  • WN200/210と同じ端子番号を採用しています。
  • WN200/210と取り付けピッチが同じです。
  • FRS100の機能である起動スイッチが追加できる機能を有しています。

本製品はバッチ運転専用の製品です。(連続運転の場合はご相談ください)

FRS100シリーズ本体は別売です。

カタログ・取扱説明書

FRS100シリーズの詳細はコンポクラブへ

燃焼安全機器 補助装置 AUR300C/AUR350C用ベースユニット AUR-BU-0002(※1)

バーナコントローラ アドバンストUVリレーベースユニット

AURベースユニットはアズビル(株)製[旧(株)山武製]通信機能付アドバンストUVリレーAUR350C、アドバンストUVリレーAUR300Cと組み合わせて使用できるベースユニットです。耐圧防爆形アドバンストUVセンサAUD500C、アドバンストUVセンサAUD300Cと組み合わせて使用することで、火炎検出回路を連続チェックしながら燃焼監視が行え連続運転の燃焼に対応しています。

特長

置き換え簡単! R4332A/R4332Bと同じ取り付けピッチ現在の配線変更なしでそのまま交換できます。(※1)

  • 取り付け端子番号が同じ。(※1)
  • 取り付けピッチが同じ。
  • AUR350Cと組み合わせることで、トレンド監視やメンテナンスデータ、プレイバック表示などが可能になります。

1:AUR76Hを使用して、R4332Bの置き換えの場合は、配線が異なりますので、AUR76Hの取説を参照してください。

カタログ・取扱説明書